So-net無料ブログ作成

春の散歩道 札幌ドーム [散策]

自宅から歩いて30分ほどの所にあるのが、
・・・・・・・札幌ドーム。
ドームの裏手に散歩できるスペースがあるので、
何度か訪れています。

自宅から月寒川沿いを歩いて、羊が丘通りを超え、
さらに住宅街を抜けると突然その巨大な姿が現れます。


ドーム450.jpg


歩道橋を渡り、左手の入口が散策コースの開始口。


ドーム 入口.jpg


樹木に囲まれながら、角材が敷き詰められた歩道をしばらく歩いて、
サッカー練習場やオープンアリーナが一望出来る場所に出てきます。


おーぷんありーな.jpg
サッカー練習場.jpg


サッカー練習場やオープンアリーナを見ながら、
アリーナ周辺をぐるっと一周。30分くらいは時間が潰せます。

自然を満喫するとはいきません。
あくまで人口の緑地を歩くわけですが、
交通量の多い国道36号線や羊ヶ丘通の
喧騒から逃れた開放感は味わえます。

自宅から往復1時間、ドーム内の散策30分を
加えて都合1時間半の散策コースです。


ドーム オブジェ.jpg


春の散歩道 西岡公園 [散策]

自宅から歩いて40分ほどの場所にあるのが西岡公園。
西岡公園正面.jpg
西岡公園 札幌市豊平区西岡487-2

こちらに伺うのも散歩コースの一つになっていますが、
家から月寒川緑地を通って月寒川沿いを南方面に
信号を渡らずに行けるので歩きやすいコースです。

公園内をぐるっと一回りしても20分程度でしょうか。
それほど大きい公園ではありませんので、

公園内を散策だけだと物足りない印象です。

恵庭岳 夕方.jpg
薄暮の中、西岡水源池から見える恵庭岳

木道や歩道のかたわらに咲く花を観賞したり、
野鳥を観察する方たちには人気のある公園のようです。

先日は散歩とは別にガイドウォークに参加。
ヒトリシズカやアカゲラなどを観察することができました。
赤ゲラ.jpg
アカゲラ

ひとりしずか.jpg
ヒトリシズカ

オオバナノエンレイソウ.jpg
オオバナノエンレイソウ

ガイドさんなしでも、花の名前がスラスラ出てくるようになりたいものです。




かも2.jpg
手前がマガモ 奥がカルガモのようです

春の散歩道 樹木園(森林総合研究所内) [散策]

朝と夕方に散策を初めて約一か月になりますが、
自宅から歩いて30分ほどの森林総合研究所北海道支所に
たびたび訪れています。


研究所 門.jpg


支所内の樹木園を歩いて短い森林浴と
土の上のウォーキングを楽しませてもらってます。


樹木園入口.jpg

ここだと自宅から信号を渡らずに行けるのが
最大の長所でしょうか。

散歩のしやすい条件としては、
時間間帯は交通量が少ない朝、
夕方は幹線道路のそばは歩かずに済むこと、
少しでも土の上を歩けることなどが挙げられます。

自宅から月寒川沿いの歩道を歩いて
歩道が終わってから、更に川沿いの車道を10分ほど歩いて
左に曲がると森林総合研究所の樹木園に辿り着きます。

樹木園の樹木の中を通り過ぎ、
ロータリーまで行って帰ってくると
往復で1時間10分くらい、距離にして4Kmちょっと
歩いたことになるようです。


ロータリー.jpg


月寒川沿いの月寒川緑地は歩道があるので
散歩に使っている方が多いようです。

緑地 石.jpg


ただ川沿いのフェンスは川側に傾いている箇所が多くなっています。
積雪や雪投げのせいなのか、それとも雪解けで斜面の土が
流れてしまうせいなのでしょうか。


フェンス .jpg



森林総合研究所は先月は桜やモクレンが綺麗でしたが、
今月はツツジやシャクナゲの花が見どころのようです。

つつじなど.jpg

藻岩山に出没 [散策]

本日も快晴。藻岩山も綺麗に見えますね。


藻岩山 20日ミニ.jpg



やっと春らしい日射しが照るようになってくれたので、
昨日(19日)藻岩山に登ってみました。

今年は時間があれば、登山で運動不足を
解消したいと計画しています。

4月から家の近所を1時間程度ですが、
朝と夕方に散歩をして過ごしていました。
冬の運動不足で萎えた足が少し鍛えたところで、
藻岩山登山を実施。

足慣らし程度には丁度良い標高を持つ藻岩山。

さすがに登りでは時々息が切れましたが、
市民スキー場から1時間程度で山頂に到着。

山頂からは方々の山々がくっきり見えて
久々に爽快さを味わいました。

ただ驚いたのはヒグマの目撃が、
数件寄せられているそうで、
注意書きがあちらこちらに。


kuma 50%.jpg



家に帰って札幌市のヒグマ情報を確認すると、
5月15日と18日に藻岩山山頂付近で、
先月28日にも山頂から少し下った所で、
ヒグマの目撃情報があったようです。

快晴の割には頂上に人が少なかったのも、
そのせいだったかもしれません。

札幌近郊の山でヒグマ情報を気にしているようだと、
どこの山も登れなくなってしまうわけですが、
観光地でロープウェイも自動車道も通っている
藻岩山でヒグマが頻繁に目撃されるのも
豊かな森があると自慢していいものなのか、
少々考えさせられます。