So-net無料ブログ作成
札幌のガーデン ブログトップ

八紘学園花菖蒲園訪問  [札幌のガーデン]

札幌は連日日中30度越えの日が続いていますが、
そんな中、7月10日(月)に 八紘学園の花菖蒲園を訪れました。

花菖蒲園
札幌市豊平区月寒東3条11丁目
011-851-2500
開園時期 7月7日(金)~7月23日(日)
開園時間 午前8時30分~午後5時30分
入園料 大人400円 小学生100円


花菖蒲園入口.jpg


昼の空き時間を利用したので、1日の中でも一番暑い盛りの時間帯に
行ったわけですが、とにかく暑かったです。


花菖蒲園遠景30.jpg


ホームページでは見頃は7月11日~20日頃と掲載されていましたが、
10日だったこの日で、まだ6割くらいの花付きだったでしょうか。

品種ごとに花が咲く時期が微妙に前後するようです。

花菖蒲園遠景10.jpg

主催する八紘学園の一大イベントですから、
昼の暑い時間帯にもかかわらず、 生徒さんが数人、
花菖蒲の植えている脇を 鍬でならしていました。

花菖蒲園の開園時期と、こんな猛暑が重なったのは、
開始以来のことかもしれませんね。
見る方も育てる方も、暑さ対策が必要な今年の花菖蒲園です。

花菖蒲園遠景20.jpg

1時間半くらい園内を回ったでしょうか。
帰り際に駐車場裏手にある池に咲く睡蓮を覗いて帰路につきました。


花菖蒲園駐車場の池に咲く睡蓮


花菖蒲園地図100.png


月寒川緑地 エゾノコリンゴ [札幌のガーデン]

先月末に月寒川緑地を歩いていたら、
白い花が満開の木を見かけました。

エゾノコリンゴ100.jpg

帰って調べたところ、おそらくエゾノコリンゴでは
なかろうかと思ったものの、エゾノコリンゴは
ズミという品種に酷似しているということも知りました。

エゾノコリンゴなのか、はたまたズミなのか・・・・・。

エゾノコリンゴ
学名 Malus baccata  var mandshurica
バラ科
区分 落葉小高木
特徴 白色の花が5月~6頃に咲く 秋に赤い果実を付ける
別名 サンナシ、ヒロハオオズミ

エゾノコリンゴ20.jpg

ズミとエゾノコリンゴの見分け方としては、
「葉」の形状で判断するのが一般的なようです。

ズミは3裂葉~5裂葉を持つのが特徴で、
もし3~5つに分かれている葉があれば、
ズミの可能性が高いようです。

一方、エゾノコリンゴの葉はギザギザを持つ
長楕円形であると言われています。

エゾノコリンゴ 3.jpg

写真をよく見るとギザギザもあるようだし。

別な日に枝を見たものの3裂葉などは確認できなかったので、
今のところは、おそらくエゾノコリンゴなのだろうと、
推察していますが、真相は分からないというのが本音です。

もしかしたら、ズミでもエゾノコリンゴでもない
可能性もあるかもしれません。

エゾノコリンゴ10.jpg


(参考)

ズミ
学名 Malus toringo
バラ科
区分 落葉小高木
特徴
白色の花が5月~6頃に咲く
秋に黄色か赤色の実を付ける
別名 ヒメカイドウ コリンゴ

創成川公園 ライラック [札幌のガーデン]

昨日は札幌中心部に出かける用事があったので、
帰りに創成川公園のライラックを鑑賞。

創成川公園は、北一条から南一条の東1丁目と西1丁目に
またがっています。ですから公園を歩くのに何回も信号を
渡らないといけません。

横断歩道を幾度となく渡って、色々なライラックを
見させていただきました。

マダム フローレント ステップマン
Syringa vulgaris 'Mme. Florent Stepman'
すてっぷまん2.jpg

プレジデント リンカーン
Syringa vulgaris 'President Lincoln'
りんかーん.jpg

エスター スティリー
Syringa xhyacinthiflora 'Esther Staley'
すてぃりー.jpg

チャーム
Syringa vulgaris 'Charm'
チャーム.jpg

アセシッピー
Syringa xhyacinthiflora 'Asessippi'
あせしっぴー.jpg

ライラック(学名Syringa vulgaris)は、モクセイ科ハシドイ属。
ライラックとほぼ同じに見えても、ライラックとオニハシドイの交雑で生まれた
Syringa xhyacinthifloraヒアキンシフローラ)という種類もあるようです。
ライラックの弟か妹という感じでしょうか。

創成川公園は、場所柄、仕事や観光で疲れた体を
ふと休ませるには便利な公園という印象でした。

シャルルジョリー.jpg

札幌のガーデン ブログトップ